初めてでも安心!雪山登山にはこんなにメリットが?

趣味

登山を大きく分けると雪のある雪山登山と雪の全くない春から秋にかけての登山に分かれるかと思います。

この2つの登山ですが、雪があるとないとでは必要な装備や技術が全く異なってきます。

もちろん雪がある登山の方が装備も大変で荷物も重たくなり、事前準備から技術も必要なってきます。

 

そんな雪山登山ですが、初心者では全く無理と最初から諦めていませんか。

しかし、時期や山を選べば初心者でも登れる雪山があります。

でも、そこまで大変な雪山にどうしてそこまでして行きたいのでしょうか?

それは雪山でしかない魅力がたくさんあるからです。

 

そこで今回は、初心者でも行ける雪山の魅力についてご紹介したいと思います。



スポンサーリンク

一度行ったら最後?雪山登山の魅力とは?

 

 

では雪山登山の魅力とはなにがあるのでしょうか?

 

雪山の魅力についてご紹介したいと思います。

 

誰もが感動する銀世界

 

雪山に初めて登ったときに必ず誰もが感動するのが、全面に広がる真っ白な銀世界です。どこまでも続く青い空と、キラキラと光る真っ白の世界は必見です。

街中で降り積もる雪と大自然の中に降り積もる雪はここまで違うものかと感動してしまうほどです。

 

しんしんと静まり返った雪山

 

スキーとかに行ったことのある人は感じたことがあるかと思いますが、山でしんしんと降り積もる雪はとても静かで幻想的です。

きれいに積もった雪の中を一歩一歩踏みしめていくと、サクッ、サクッときれいな音がします。この音を聞くだけでも心が静まり、心地よさを感じます。

 

好きなルートを作って登山できる

 

初心者には難しいかもしれませんが、上級者ともなると、雪山の一番の魅力は自由度があるということです。

雪のない山では草花があるため決まった登山道を歩かないといけませんが、雪山では雪があるため、登山道などの決まった道を歩かないで自分の決めた道を歩くことができます。

 

普段では岩や石がゴロゴロした道、崖など普段歩けないような場所を、登山MAPを使って大まかな方角を決めながら自分の歩きやすい道を、自分の好きなよう道を選んで山頂を目指すことができます。

 

こういった冒険心は夏山とかでは決して味わうことのできない経験ですよね。

 

スポンサーリンク

雪山登山の必需品

 

 

初心者の方に雪山登山の必需品をご紹介します。

 

帽子・ゴーグル/サングラス

 

帽子は単なるファッション性だけでなく、落下物から頭を守るという役割もありますが、雪山登山では寒さから守るという重要な役割があります。

ゴーグル/サングラスは夏山登山でも必要ですが、雪山では特に雪による太陽の照り返しが強く、装着しないと目がただれたりするので、必ず装着してください。

 

グローブ

 

雪山の防寒対策としてグローブは必需品ですが、雪山登山にはグローブは3つもっていきましょう。

グローブの種類

  1. インナーグローブ
  2. ミドルグローブ
  3. オーバーグローブ

 

ストック・ピッケル

 

雪山登山にストックやピッケルも必需品となります。雪山では通常の登山に比べて雪がある分非常に体力を消耗するため、ストックは身体にかかる負担を軽減してくれます。

 

ピッケルは歩行時のバランスを取るだけでなく、滑落防止や、凍った場所をピッケルで砕いて道を作ったりします。

雪山登山にはこのピッケルがあるかないかでは全然安心感が違いますので、必ず持参してください。

 

アイゼン

 

アイゼンは登山靴の下に取り付ける滑り止めのスパイクになります。

アイゼンにも種類がありますので、雪山の状態をみて必ず持参してください。

雪山登山の必需品をご紹介しましたが、初心者の方がいきなり購入するというには抵抗があるかと思います。

そんな時に便利なのが、レンタルです。

 

初の雪山にはレンタルがおすすめ!

 

こちらの やまどうぐレンタル屋 ネットで簡単にレンタルが可能ですので、おすすめです。

ネットで注文をするだけで、自宅に届き、使った状態のまま宅急便で返却するだけですので簡単・便利です。



 

スポンサーリンク

一日からでも加入できる登山保険とは?

 

 

みなさんは登山する際に山岳保険に加入していますか?

単純に山岳保険といっても、雪山ではなく、夏などの一般的な登山を目的とした保険や、アイゼンやピッケルを使用した雪山などの本格的な登山用の保険など山岳保険には様々な種類があります。

そもそも夏山と雪山保険とは何が違うのでしょうか。

 

雪山と言えば、雪崩、雪で滑って転倒、凍傷、低体温症など雪山ならではのリスクが存在します。

それらのリスクの答える必要があるのです。

 

雪山という特殊な事情もあり、仮に遭難してしまった場合には救助費用が高額になってしまうため、

各保険会社は通常のトレッキングから雪山登山などの保険を用意しているのです。

山岳保険の期間としては一日の掛け捨てから年間契約まであります。

年間契約は一年の間に頻繁に登山する人におすすめですが、年間に数回しか登山しないという方は一日から契約できる掛け捨て保険がおすすめです。

 

 

一日から契約できるおすすめの山岳保険をご紹介します。

 

こちらのYAMAP登山保険

保険料:250円から期間に応じて変動

保険期間:一日からと30日プラン

保証内容:スマホや登山道具などの携行品の故障や盗難などを補償してくれるアイテムプラン、

怪我や遭難したときに救助してくれる救助保険、それらを組み合わせた組み合わせプランなど種類はさまざあります。

こちらの保険はネットからでも申し込むことが可能です。

一日から申し込むことができ、携行品などのアイテムも保証をしてくれる、まさに現代にマッチした保険といえると思います。

 

この他にも、雪山登山者が増えたことにより、雪山に対応した保険はいくつもありますので、雪山登山に挑戦する前に事前に調べてから、必ず保険に加入しましょう。

 

スポンサーリンク

雪山登山は魅力がいっぱい

 

 

雪山登山の魅力についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

雪山には当然リクスはあります。しかし、雪山でしか味わうことのできない体験、雪山でしか見ることのできない絶景があります。

慣れないうちは想像以上に疲れますし、アイテムを揃えるのも大変ですが、準備さえしっかりしていれば初心者でも登ることができます。

ぜひ、みなさんも雪山に適した装備・保険を準備して、雪山でしか体験できない静寂に包まれた銀世界をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました