赤ちゃんの髪の毛の切るタイミングは?髪の毛をきれいに切るコツは?

子供の髪

1歳を過ぎるころには、赤ちゃんの髪の毛もだいぶ伸びてきますよね。その頃になると赤ちゃんの髪の長さに気になってくるお母さんも多いと思います。

目にかかったり、耳にかかるようになってくるとそろそろ切ってあげようかなと思った時に、どうやって赤ちゃんの髪の毛を切るの?どこで切るの?そんな悩みを持っているお母さんもいると思います。

 

そこで、赤ちゃんの髪の毛を切るタイミング、髪の毛の切り方についてご紹介したいと思います。

 

初めの赤ちゃんの髪の毛を切ってあげたら、記念の品を残してみてはいかがですか。

赤ちゃん筆とは?赤ちゃん筆のおすすめを紹介の記事で赤ちゃん筆について紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪の毛を切るタイミングは?

 

 

赤ちゃんの髪の毛はいつぐらいに切ろうか悩むお母さんも多いと思います。

しかし、赤ちゃんの成長には個人差があるように、赤ちゃんの髪が伸びる速さにも個人差がありますので、いつという決まったタイミングはありません。

 

赤ちゃんの様子をよく観察しながら、髪が邪魔そうな仕草をしていれば切ってあげてください。

参考に髪を切るタミングをご紹介します。

 

・前髪が目にかかる前

 

前髪が目にかかるようになってくると、前髪が目に入ったりして視界に影響がでてきますので、前髪にかかる前に切ってあげてください。

 

・耳にかかるようになったら

 

サイドの髪が耳にかかるぐらいになったら切ってあげてください。前髪ほど邪魔になることはないと思いますが、髪が耳に触れることで不快に思ったり、耳がかゆくなったりしますので、耳にかかるようになってきたなと思ったら切ってあげてください。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの髪はどこで切る?

 

 

では、いざ赤ちゃんの髪を切ろうと思った場合にどこで髪を切るのがいいのか悩んでいるお母さんも多いと思います。

 

自宅で切ろうにも、失敗したりしたら赤ちゃんがかわいそうだし・・・

バタイユ
バタイユ

美容院に行くにしても赤ちゃんがおとなしくしててくれないし・・・

先ほどご紹介した、髪を切るタイミングの長さぐらいであれば、そこまで失敗することなく簡単に自宅で切ることもできますので、お母さんやお父さんがカットしてあげてもいいです。

 

しかし、自宅でカットすると失敗したり、見栄えがよくなかったりするので、最初から美容院に行くことをおすすめします。

 

最初から美容院に行くメリットはたくさんありますが、赤ちゃんの髪の量や頭の形に合わせてすばやく、きれいにおしゃれな髪型に仕上げてくれます。

 

今では、赤ちゃんを車の乗り物に乗せて、子供が喜ぶようなDVDを見せてくれる美容院もありますので、事前にチェックしてみてはいかがですか。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんのヘアカットに必要なものは

 

 

赤ちゃんのカットは最初から美容院でカットすることをおすすめしますが、自宅でカットしたい場合に、カットに便利なグッズをご紹介します。

 

赤ちゃん用爪切りを活用

 

赤ちゃんカット専用のはさみを準備するのもいいですが、はさみはないし、ちょっとだけカットしてあげたいという方は赤ちゃん用爪切りで代用可能です。

 

赤ちゃん用爪切りは先端が丸くなっていますので、いざというときにも安全に素早くカットすることができますよ。


 

散髪ハサミ・クシのセット

 

やはりきれいに仕上げたという方は、赤ちゃん散髪用のハサミとくしのセットを購入してあげてください。

 

ハサミの刃はギザギザになっていますので、滑りやすい赤ちゃんの髪でも滑ることなく切ることができます。また、くしでときながら揃えて切ってあげるときれいに仕上げることができますよ。


 

すきバサミ

 

自分でカットするには自信がない方は、赤ちゃん用のすきバサミを用意してあげてください。

すきバサミがあれば前髪とがパッツン・パッツンになるのを防いでくれますよ。

不器用な方でもすきバサミを使えば自然な仕上がりにすることができるので、おすすめです。


 

ケープ

 

ケープとは切った髪の毛がちらばらないように、赤ちゃんの首につけてあげるものです。

これさえあれば、カット後の髪の毛を簡単にまとめてゴミに捨てることができます。

 

しかし、前髪をちょっとカットするぐらいであれば、ケープとかがなくても新聞紙を敷いてカットしてあげてもいいですね。


 

スポンサーリンク

赤ちゃんの初めてのカットした髪を記念に残そう

 

 

赤ちゃんの髪を切るタイミングについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

いざ赤ちゃんの髪を切ってあげようにも、赤ちゃんはじっとしててくれないし、家事や育児に追われているとついつい後回しになってしまいがちですが、前髪が長いと髪が目に入って視界に影響がでますし、髪の量が多すぎると、髪が肌に触れてかゆくなったり、ムレたりしてあせもの原因にもなってしまいますので、こまめに赤ちゃんの髪の長さをチェックしてカットしてあげてください。

 

また、赤ちゃんの髪の毛を始めてカットする時は、写真を撮ったり、髪を大切に保管したり、赤ちゃん筆を作るなど、赤ちゃんの成長の証・赤ちゃんの大切な思い出として残してあげてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました