【ワンオペ育児必見】ワンオペで赤ちゃんをお風呂に入れる方法・注意点をご紹介!

お風呂

旦那さんの仕事の都合上、どうしても一人で赤ちゃんをお風呂に入れないといけない時ってありますよね。

でも、一人で赤ちゃんをお風呂に入れるのって大変ですし、初めてだと不安でいっぱいです。

みんなどうやって赤ちゃんをお風呂に入れているんだろうと、いろいろ調べるお母さんもいると思います。

そんな私もいろいろと試行錯誤をしながら、ワンオペお風呂を実践し、今では普通にお風呂に入れるようになりました。

そこで、そんなワンオペお風呂に悩んでいる方に、お風呂の入れ方をご紹介したいと思います。

 

少しでもこの記事が参考になっていただければ嬉しいです!

 

おすすめ記事

雨の日でも安心!乳児が楽しめる室内遊び。今日は何して遊ぶ?

 

スポンサーリンク

ワンオペのお風呂は準備が重要

 

 

段取り8割という言葉をご存知かと思いますが、ワンオペのお風呂も同じで、事前準備が重要になります。

 

事前準備をしておくことで、赤ちゃんも素早く着替えることができますし、お母さんも湯冷めすることなく着替えることができます。

 

お風呂の事前準備

・脱衣所を暖めておく

⇒湯冷めしないように、脱衣所の部屋も事前に暖めておくといいです。

・赤ちゃん用のタオル

⇒広げて置いておくと、スムーズに赤ちゃんを拭くことができます。

・赤ちゃんの着る服を用意しておく

⇒赤ちゃんの着る服は広げて、おむつも一緒に置いておくと楽チンですよ。

 

お母さんの事前準備

お母さんもゆっくりと体を拭いていられないですよね。ゆっくりしていたら赤ちゃんも湯冷めしてしまいますので、お母さんの事前準備も重要です。

 

・ラップタオルやバスローブを準備する

⇒ラップタオルは子供のプールの時に使う、ボタンがついたタオルのことです。

 

 

⇒バスローブもおしゃれでテンションが上がりますね。

これなら羽織るだけで簡単ですね。

 

 

・タオルキャップもあれば便利

⇒髪の長いお母さんなどはタオルキャップもあると便利ですね。

 

 

お風呂の中の準備

・お風呂の中も事前に温めておきましょう。

⇒暖房がついている時は暖房をつけてあげるのもいいですが、暖房がない場合はシャワーでお風呂をかけてあげるだけでも効果がありますよ。

 

・お風呂マットを敷く

⇒お風呂マットがあると、赤ちゃんを寝かせることもできますし、滑り止めの効果もあります。

 

 

・赤ちゃんが喜ぶおもちゃを準備する

⇒お風呂の中で赤ちゃんが遊んでいられるおもちゃがあると、お母さんが体を洗っている間に一人で遊んでいてくれますよ。

 

 

・ベビーチェア、ベビーベッドを準備する

⇒ベビーチェアやベビーベッドがあると、赤ちゃんを安心して座らせておくことができますね。

 

 

スポンサーリンク

ワンオペ赤ちゃんのお風呂の入れ方

 

 

次は月齢別に、実際に赤ちゃんのお風呂の入れ方をご紹介します。

 

新生児

新生児の時はベビーバスを使う方が便利ですね。

 

 

赤ちゃんを脱衣所に寝かせ、すぐに服が脱がせれる状態にしておく。

そしてお母さんはささっと体を洗い終わらせください。その際、お風呂のドアは必ず開けっ放しにしておき、赤ちゃんの様子を確認できるようにしてください。

 

お母さんが洗い終わったら、赤ちゃんの服を脱がせ、ベビーベッドを使って赤ちゃんを洗ってください。

新生児のお風呂の入れ方はこちらの動画も参考にしてください。

 

 

3ヶ月頃から

首が座るようになったら、ベビーバスを使って洗ってあげるのもいいですが、お母さんと一緒にお風呂に入ってあげるといいですね。

 

お母さんが洗っている間は、赤ちゃんをベビーバスとかに座らせておくこともできます。

 

 

1歳

1歳になると赤ちゃんもつかまり立ちができるようになります。

ここまでくるともうベビーバスは必要ありませんね。お母さんと一緒にお風呂に入ってあげてください。

 

お母さんが洗っている間は、お風呂のお湯を少しだけはってそこに座らせておくこともできますし、浮き輪を使ってプカプカと浮かばせておくこともできますね。

 

ただし、必ず赤ちゃんから目を離さないように注意してくださいね。

 

 

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る際はこちらの動画も参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

ワンオペお風呂の注意ポイント!

 

 

ワンオペで赤ちゃんをお風呂に入れる時は、注意しなければいけないことはたくさんあります。

 

事故に繋がる前に注意しておきたいポイントをご紹介!

 

赤ちゃんの姿を確認できるようにする

脱衣所で赤ちゃんを待たせておくときは、お風呂のドアを開けて赤ちゃんを常に見えるようにしておいたり、お風呂の中で赤ちゃんを待たせておくときも、必ず赤ちゃんから目を離さないように注意してください。

 

赤ちゃんは思わぬ行動をすることもあるので、いざというときも必ず助けてあげれるようしてください。

 

危険なものに触れないようにする

 

脱衣所などは、洗剤や洗濯物など赤ちゃんが触れると危なかったり、口に入れたりすると危険ですので、赤ちゃんの手の届かないところに片付けてください。

 

ぶつかっても安全に配慮する

 

赤ちゃんも寝返りをしたり、つかまり立ができるようになるとよく動き回ります。しかし、まだまだ安定も悪く転んだり、ぶつかったりすることもよくあります。

 

転んだりぶつかっても痛くないようなクッションを敷いたり、角あてをつけて、少しでも衝撃を和らげてあげてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

ワンオペのお風呂の入れ方と注意点をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

最初のうちは普通に赤ちゃんをお風呂にいれるだけでもハラハラドキドキするのに、ワンオペでお風呂に入れるのは大変なことです。

 

しかし何度か入れていくうちに慣れていきますので心配することはありません。

 

また今回ご紹介した事前準備とお風呂の手順を踏んでいけばスムーズにお風呂に入れることができますので、安心してください。

 

ワンオペだからといって変に心配したりせず、赤ちゃんとのお風呂を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました