スポンサーリンク

もう帽子選びに悩まない!おすすめの帽子10選をご紹介!

お出掛け

日差しが強くなってくると、子どもに被せてあげたいのが、帽子ですよね。

いざ帽子を被せてあげようと帽子を購入しようにも、

サイズがわからない、子どもはすぐに大きくなるからと、帽子選びに悩んでいるお母さん・お父さんさんも多いといいます。

そこで今回は、帽子選びのコツとおすすめ帽子をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

子どもの帽子は必要?

麦わら帽子

子どもの帽子は必要です。

それは、子どもの体を守ってくれる大切なアイテムなのです。

ここからは、帽子をかぶることでのメリットをご紹介したいと思います。

 

紫外線防止

女性にとっての敵、紫外線ですが、実は子どもにとっても大敵です。

子どもの皮膚は大人に比べて薄く、デリケートのため紫外線の影響を受けやすいのです。

特に、頭皮へ日焼け止め防止を塗ることは難しいため、夏のお出掛けに帽子はマストアイテムです。

 

熱中症対策

最近は温暖化の影響で真夏日が続きます。

そのため、短時間でのお出掛けだとしても、熱中症対策は必須です。

子どもは小さく地面に近いため、アスファルトとかの照り返しにより、大人よりも暑さを感じてしまいます。

特に、首筋までを覆ってくれる帽子がおすすめですよ!

 

防寒対策

帽子は夏だけの必須アイテムではありません。

実は、冬の寒い季節には防寒グッズとしても活躍します。

チクチクしない素材を選んであげるのと、首まですっぽり被る帽子がおすすめ!

首まで覆ってあげるだけで、暖かさが違います。



スポンサーリンク

子どもの帽子サイズ一覧!

メジャー

0~10歳頃までの帽子サイズ一覧表をご紹介します。

 

0~3ヶ月
40-42cm
3~6ヶ月
42-44cm
6ヶ月~1歳
44-46cm
1歳~1歳半
46-48cm
1歳半~2歳
48-50cm
2~4歳
50-52cm
4~5歳
52-54cm
5~6歳
54-56cm
6~10歳
56cm

※帽子サイズ一覧表はあくまでも目安です。帽子種類、デザイン、お子さんの大きさによっても変化します。

 

スポンサーリンク

子ども帽子のサイズの測りかた

笑顔で座る子供

実際にお店に行って、子どもに帽子を被せてあげるのが一番ですが、しかし、お出掛けが難しかったり、すぐに必要な方にはやっぱりネットが便利。

また、ネットで購入する際はどんなサイズを選んでいいのかわかりませんよね。

そこで、そんな時に役立つ帽子サイズの測り方をご紹介します。

 

頭のサイズを測定

帽子の種類によっては被りかたが違うので、2ヵ所のサイズを測定します。

①耳の付けのちょい上から、額の上あたりを一周した長さ

ニット帽など、帽子を浅く被った位置

 

②額の一番出っぱったところと、後頭部の一番出っぱった所を一周した長さ

キャップなどのように帽子を深く被ったいち

 

測定結果プラス1cm

先ほど測定した値よりも、1~2cmほど大きくしたサイズの帽子を選んで下さい。

ギリギリ過ぎると頭の締め付けがきつくなるので、多少余裕を持ったものを選んでください。

ただし、ニット帽とか伸びる材質の帽子は、頭にフィットするピッタリサイズの方がいいですよ。

 

スポンサーリンク

子どもが帽子を嫌がるときは?

子どもが笑顔ではしっている

子どもは気分屋です。

ときによって帽子を被るのを嫌がったり、いつしか帽子を脱いでいたり、気づいたら帽子がなくなっていたなんてことも珍しくありません。

子どもがなかなか帽子を被らないからといって、お母さん、お父さんがイライラしていては逆効果です。

喜んで被ってくれるように促すのがポイントです。

 

嫌がる子どもに帽子を被らせるコツ

①いっぱいほめる

帽子を被った姿を見せて、かっこいい、かわいいなどほめてあげてください。

子どもはほめられると嬉しいものです。

②ルーティンを作る

靴をはいてお出掛けのように、帽子を被ったらお出掛けというルーティンを作って上げて下さい。

これをしたらこれができるんだということがわかれば、それを実行します。

③お揃いにする

兄弟や姉妹、お母さん、お父さんなどお揃いの帽子を選んであげる。誰か好きな人とお揃いだと喜んで被ってくれます。

④自分で選ぶ

お子さんの好きな帽子を自分で選ばせてあげてください。

自分で好きな帽子を選ぶことで愛着もわいて喜んで被ってくれます。

⑤待つ

泣いて嫌がるときは、落ち着くまで待ってあげてください。

嫌がっているのを無理矢理被らせるのは逆効果。

落ち着くとケロっとして被ってくれるときもありますよ。

 

スポンサーリンク

おすすめの帽子 10選

グッドのサイン

ここからはお子さんに大人気のおすすめの帽子をご紹介します。

 

① チャンピオン 子供帽子

 

 

チャンピオンから待望のキッズサイズが登場

お出掛けや、ちょっとしたお散歩など、暑い時期におすすめの1着

機能性抜群で首元の日除けもできる優れものです。

 

② バックリボンキャップ 女子

 


後ろのリボンがかわいい、小学生の女の子のおすすめのキャップです。

ママとのお揃いにも可能の2サイズ

リボンを調整することで、サイズを調整できるため、長く使うことができます。

 

先輩ママ
先輩ママ

被りやすく、シンプルなんですが、後ろから見ると大きなリボンがあってかわいいです。

 

 

③ パンダ柄ハット

 

 

かわいいパンダ柄に立体の耳がついたハット!パンダが大好きにおすすめの1品!

小さく折り畳め、ゴム紐もついているため、うっかり子どもが帽子を落としてしまう心配もありません。

 

④ サファリハット つば広帽子

 

人気の2WAYサファリハットです。
つばの広さが約7.5cmと広く、コットン100%素材のため、アウトドアから普段使いにも最適!

 

先輩ママ
先輩ママ

つばも広く、首の後ろ側まで太陽光を遮ってくれます!

 

⑤ キッズ麦わら帽子

 


レース編みリボンのあご紐でかわいらしさがUP!

ナチュラルな風合い、カラーでどんなスタイルにも合わせやすい1着。

小さく折りたためるため、カバンの中でもかさばらずに持ち運ぶことができます。

 

先輩ママ
先輩ママ

リボンも付いているため、そのまま垂らしていても可愛い!
風が強いような時は結んで使用できて大変便利!

 

⑥ バオバブCAP

 


日除け対策に大人気のパオパブCAP!

長めのつばに、肩まである日除けカバー付きでお子さんを紫外線から守てくれます。

薄手素材で手洗いも可能なため、汗かきのお子さんでも安心!

 

先輩ママ
先輩ママ

日除けカバーが首筋までしっかり隠れてくれるので、じっと動かないときでも安心です。

⑦ キッズ☆2WAYアドベンチャーハット

 

 

お洒落が2倍楽しめる、2WAYアドベンチャーハットです。
ヒッコリー柄がさらにお洒落さを演出してくれます。

お洒落だけじゃない。内側のスベリ部分はタオル地になっているため、汗をたくんさんかいても安心!

 

先輩ママ
先輩ママ

デザインも汗とりも素晴らしいです。兄弟でお揃いにして楽しめそうです。

⑧ 親子お揃いでかぶれるベレー帽

 


親子お揃いでしっくり被れる、サイズ調節可能なベレー帽!

定番カラーからトレンドカラーまで20色展開しているため、親子で交換したり、その日の気分に合わせるて被ることができます。

発表会や、ドレスアップ、七五三のなどの着物に合わせることができます。

 

先輩ママ
先輩ママ

親子お揃いで購入。紐で調整できるのがいいです。

 

⑨ クールビット ひんやり帽子

 

 

熱中症が心配なママにおすすめの1品!

水に浸して、軽くしぼって、被るだけで涼しさが増して快適に。

全国の幼稚園や保育園などでもたくさん使われている実力派ひんやり帽子、おすすめです!

 

先輩ママ
先輩ママ

かなり涼しいらしく、普段帽子を嫌がっていますが、この帽子なら喜んで被ってくれます。

⑩ 100%完全遮光 デニムハット

 


100%完全遮光できるデニムハット。90%じゃないんです、100%なのです。

頭部分の裏地には、吸汗・速乾効果のある東レのフィールドセンサーを使用することで、いっぱい汗をかいてもすぐに乾いてくれます。

 

先輩ママ
先輩ママ

ちょっと値段は高いですが、それだけ価値がある品です。子どもを紫外線から守ってくれて、速乾性も優れています。

 

 

スポンサーリンク

帽子もファッションの1つ!

白い服を着た女の子

帽子選びのコツとおすすめ帽子をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

紫外線から子どもを守るだけでなく、ファッションの一つとして大活躍するアイテムです。

今回ご紹介した商品を参考に、暑い夏を乗り切って、お子さんとの思い出をたくさん作ってあげてください。

 



コメント