スポンサーリンク

認可保育園 vs 許認可保育園!どちらが適している?

4人の園児を抱きかかえる女性 教育

保育園を選ぶ際、認可保育園と許認可保育園の違いを理解することが重要です。両者にはそれぞれ特徴があり、子どもの成長に影響を与える可能性があります。

この記事では、認可保育園と許認可保育園の違いを明らかにし、どちらが保護者や子どもに適しているのかについて考察していきたいと思います。

保育園については下記記事で詳しくご紹介

保育園は何歳から入れるの?

 

スポンサーリンク

認可保育園とは?メリットは?

女の子

認可保育園は国や地方自治体によって厳格に認可された施設です。そのため、教育プログラムや安全基準が非常に高い水準で保たれています。子どもたちは安心して過ごせるだけでなく、質の高い教育を受けることが期待できます。また、保護者にとっても信頼性が高く、仕事と育児を両立させるための頼れるサポートとなります。

 

スポンサーリンク

許認可保育園とは?メリットとは?

ママに微笑む子供

許認可保育園も一定の基準をクリアしていますが、認可保育園ほどの厳格な認可を受けていません。その代わりに、柔軟性があり、自治体や施設によっては利用しやすい場合があります。保護者は比較的手続きが簡単で、通常の仕事や家庭事情に合わせて利用できる点が利点です。

 

スポンサーリンク

認可保育園と許認可保育園の違い

走る園児

認可保育園と許認可保育園のそれぞれのメリットについてご紹介をしましたが、ここからは、違いがわかりやすいように表にまとめました。

主な違いは大きく以下4点です。

 

①入園条件
②申し込み時期・窓口
③保育料
④保育内容

認可保育園 許認可保育園
入園条件 0歳~小学校就学前の児童がいて、保護者の都合で日中保育ができない家庭 地域・保護者の仕事に関係なく入園可能。
申し込み時期 基本は4月入園の11~12月を目途に一斉受付 各施設が状況に合わせて設定
申し込み窓口 各市町村(保育課) 各施設に直接申し込み
保育料 住んでいる自治体や世帯の所得によって変わる 園が設定。自治体によっては補助金も出る
保育内容 国が定める「保育所保育指針」に沿って 認可外保育施設に対する「指導監督要綱」を基準に独自の保育

 

スポンサーリンク

認可保育園と認可外保育園の保育料の違い?

プライスの文字とお金

認可保育園の保育料は、幼児教育の無償化により、3歳~5歳児の保育料は無料となります。

ただし、無料になるのは保育料だけなので、その他送迎費、給食費、行事費などの費用は別途かかることになります。実費としては5,000~10,000円ぐらいみておけばいいでしょう。

許認可保育園の保育料は、園によって設定されているため、中には10万円を超える園もあります。

ただし、こちらも同じように幼児教育の無償化により、「保育の必要性」の認定を受ければ3歳~5歳児は月額37,000円まで無料となります。

金額だでけで考えてしまうと、許認可保育園はかなり高額な印象を持ってしまいます。

ただし、許認可保育園は運営母体によって、保育理念や運営方針が大きく異なるため、リトミックや幼児教育、英語教育など、特に幼児教育に力を入れている園が多いのが特徴になってくるので、金額だけでなく、教育面も考慮して選んでください。

内閣府_幼児教育無償化Q&A

 

スポンサーリンク

それぞれの特徴を把握して決めよう!

幻想的な空の色と道しるべ

認可保育園と許認可保育園はそれぞれ長所と短所があります。保護者は入園難易度や施設の特徴をよく理解し、子どもの成長や家庭の状況に合った選択を行うことが重要です。どちらを選ぶにしても、子どもが安心して成長でき、保護者が安心して働ける環境を選ぶことが最優先です。

 

コメント